自然エネルギー

【地球の水問題その③】世界の水危機が日本に与える影響を考える&僕らが今からできることも考える。

投稿日:

 

こんにちは。

Mi自然エネルギー開発アンバサダーの横ちゃんです。

 

 

 

今回は地球の水問題シリーズの続きとなります。今日のテーマは

世界の水危機が日本に与える影響について

一緒に考えていきましょう。

 

 

 

前回と前々回は、世界の「水」状況について紹介しました。

↓↓↓

【地球の水問題その①】このままだと22世紀は水不足の地球に!?世界の水状況を知ろう!

【地球の水問題その②】世界2大経済大国アメリカと中国の水状況、ズバリひっ迫しまくり!

 

 

 

現在の世界の「水」状況を鑑みて、我が日本への影響はどうなのか?

今回は僕なりに2つの影響を考えてみました、あくまで僕の予想ですけどね。

 

 

 

まずひとつ目。

海外からの輸入品の値上がり

が予想されます。

 

 

日本が輸入している輸入品は、「水」状況が今後改善されない限り、

徐々に値上がりしていくと思われます。

 

 

前回の記事でも触れましたけど、世界の人口って今ものすごい増えています。

先進国のアメリカや中国だけでなく、世界的に水不足、強いては水不足からの流れで食糧危機も進んでいく、

そんな可能性が高いです。

 

 

そもそも僕ら人間が食べてる肉。

肉といっても牛肉、豚肉、鶏肉とかね。

あと小麦とか卵とか、これら全部水を使ってるんです。

 

 

それに果物や野菜とかも、育てるのには水が必要になります。

てことは、水が不足する状況だと、これらの値段がぜ〜んぶ上がっていくことが考えられます。

 

 

あとちょっと忘れがちな嗜好品的なものでワインとか珈琲(コーヒー)。

食料品以外でも、衣料品、プラスチックやビニールなどの包装材などにも水が使われてます。

 

 

 

水って、すげぇ〜な╰(*´︶`*)╯♡

 

 

 

な〜んて、今更ながら思うのですがw

 

 

 

こんな感じで、ほぼ全ての業界に「水」は必要なのであります。

すなわち「水」不足になると、水の価値が上がり、その分コストが増えていく。

ってことが考えられます。←あと普通に水道代とかも、みたいなw

 

 

 

続いて二つ目の予想、てか僕ら日本人にとってとても懸念されるところでは、

「中国の海洋進出」

が、今後ますます盛んになると思われます。

 

 

今も南シナ海周辺や尖閣諸島周辺に中国の船が連日のように来てるようです。

中国が領土を広げようとしている理由の一つには、、、

 

 

 

めっちゃ水が欲しいぞ〜٩( 'ω' )و

 

 

 

っていう気持ちはあると思います。

 

 

そもそも中国の国土を思い出してみてほしいんですけれど、どちらかというと内陸の国であり、

あまり海と面してないですよね。

 

 

なのでこれから水を求めて、水争いも含めて中国が海洋進出してくるのかなって。

もちろん「水」だけが理由ではなさそうですが、、、習近平恐るべしです!

 

 

まとめ

てな訳で、今回までシリーズで

地球の「水」問題

についてお話ししてまいりました。

 

 

基本的にはあまり良くない状況ばかりをピックアップしてしました。

てか、僕がほとんど知らなかった事だったんですよね。

まずは現状を少しずつでも知ることが重要だと個人的には思いました。

 

 

 

地球の「水」本当待ったなしだなぁ〜って。

調べてたら調べるほど、危機感でちょっとしんみりしちゃった(´∀`=)

 

 

って、しんみ〜り終わるのもなんですしね。

最後に少し明るい話もします。

 

 

「水」を取り巻く技術革新の方も現在、世界各国で進んでいます。

もち我が日本でも!

 

 

・海水を真水にする技術

・水素エネルギーを活用する

 

 

など、技術開発も色々と進んでいるようです。

実用化まではもう少し時間がかかりそうですけどね。あとお金もw

 

 

 

技術開発が進むことを願いつつ、僕らが今からできる事。

①節水に努める

②水を汚さないように努める

③co2を出さない環境にやさしい暮らしをする

からだと思います。

 

 

巷でも言われるような、地味なことですけども。

僕ら人間の一つ一つの行動の積み重ねが大事ですし、

地球を良い状態で次世代に繋ぎたいな〜って思いました(´∀`=)

 

 

 

てことで、今日は以上になります。

ではまた次回お会いしましょう。ありがとうございました。

 

 

 

-自然エネルギー

Copyright© Mi 自然エネルギー開発 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.