自然エネルギー

【地球の水問題その②】世界2大経済大国アメリカと中国の水状況、ズバリひっ迫しまくり!

投稿日:

 

こんにちは。

Mi自然エネルギー開発アンバサダーの横ちゃんです。

 

 

今回は地球の水問題シリーズの続きとなります。テーマは

世界の2大大国アメリカと中国の水状況について

です。

 

 

前回は、世界の大まかな「水」の状況について紹介しました。

↓↓↓

【地球の水問題その①】このままだと22世紀は水不足の地球に!?世界の水状況を知ろう!

 

 

 

今回は現在の世界を牽引する2大経済大国。

アメリカと中国の現状の「水」状況について

お話ししてまいります。

 

 

大陸も、政府も、人口も、人種も、色々と違いがある両国。

「水」に関しても、調べてみると違った問題を抱えているようであります。

良くも悪くも影響力がめっちゃ大きいですしね、アメリカも中国も。

 

 

てことで、どうなってるのか。

早速見ていきましょう。

 

 

①アメリカの「水」状況

まずはアメリカから。

アメリカも現在は深刻な水不足の危機にさらされてるようです。

 

 

アメリカの中部には世界最大級の

「オガララ帯水層」

という地下水槽があるそうなんです。←当然僕は知りませんでしたがw

 

 

そもそもアメリカ中部には広大な穀倉地帯が広がっていて、

アメリカの農業の主要地帯でもあります。

 

 

で、その「オガララ帯水層」

水位が年間1.5メートル下がっている

とのこと。

 

 

水位が年間1.5メートル下がってるということは、、、

ミニモニでおなじみだった矢口真里さんの身長が公称145センチ。

 

 

 

毎年、矢口真里の身長分の水位が下がってる!

 

 

 

と言えるでしょう。

 

 

今ググったら、ミニモニでは辻希美さんが152センチでした。

てことは、辻希美さんの方が150センチに近かったねw

 

 

蛇足はここら辺にしときまして、、、

 

 

で、このままのペースだと、

あと50年もすると「オガララ帯水層」の地下水が枯渇する

危険があるそうです。

 

 

 

USA大ピ〜ンチ(>_<)

 

 

 

と、バイデン大統領が思っているかどうかはさておき。

 

 

因みに「オガララ帯水層」の地下水槽が農業でどのように使われているかと言いますと、

テレビや映画などで観たことがあるかもしれません。

 

 

アメリカの農場って、めっちゃ広大で大規模にやってるところが多いです。

そもそも日本と比べると国土が違いますしねw

 

 

で、大規模農業では回転スプリンクラーにおいて水を散布するそうです。

スプリンクラーで、テテテテテテ〜〜〜〜!!!

って、大量に水を散布するアメリカ人のダイナミックな水のやり方なんだって(´∀`=)

 

 

水の散布が必要量なのかどうかもあるんですけどね。

ただ何万年もかけて地下貯まった地下水を賞味100〜200年ぐらいの単位で急激になくなっているのが現状だそうです。

ちょっと怖いですよね。

 

 

 

地下水がなくなった後、アメリカは農業どうするんだろう?

すごい気がかりなところでございます。ねっ、バイデンさん!

 

 

②中国の「水」状況

で、続きましては中国の「水」状況です。

中国は今人口が約14億人と世界の約20%にも達していてます。

 

 

世界の5人に1人が中国人ぐらいな。

犬も歩けば中国人に当たる、ぐらいな。

 

 

そんな世界の20%の人が住んでる中国なんですが、

「水」に関しては世界の6%しかない。

というのが現在の状況であります。

 

 

中国の水、全く足りてない状態_| ̄|○

 

 

なのであります。

 

 

2030年には、中国の人口は更に増えて16億人になると予想されています。

中国はこのままだと "水ストレス" になる恐れがあるのだそうです。

 

 

因みに

”水ストレス”ってなんじゃらほい?

って話なんですが。

 

 

そもそも人口1人当たりの水の利用可能資源量が1700平方メートルという基準があるそうです。

水がこの量以上あればとりあえず安心だよ、逆にこれを下回ると水足りねえぞ!みたいな。

 

 

 

その人口1人当たりの水の利用可能資源量が1700平方メートルを下回った、水がヤベェ状態を

水ストレス

というのだそうです。←わかったか、オレ!

 

 

 

その水ストレス状態になる恐れが、中国には目前なのだそうです。

2030年っていえば、もうあと10年しかないし。

 

 

まとめ

てな感じで、世界2大大国のアメリカと中国。

ともに「水」を取り巻く状況は、とても宜しくない状況でありました。

 

 

 

もう待ったなし(´∀`=)

 

 

 

という状況であります。

 

 

てわけで、次回は地球の水問題シリーズの3回目。(とりあえずラスト回の予定)

世界の水危機が日本に与える影響について

一緒に考えてまいります。

 

 

 

日本は海に囲まれて、水に恵まれてるから、

地球の水問題も全然ノープロブレムだ〜い╰(*´︶`*)╯♡

 

 

 

と、ルンルンのお花畑のように思われてる日本人は、

多分そんなにいないとは思いますけどね。

 

 

 

世界の水危機が僕ら日本人の生活にどのように影響を与えるのか、を次回は見ていきたいと思います。

引き続き次回も是非お付き合いしてくださいませ。

 

 

 

それでは、また次回お会いしましょう。

ありがとうございました。

 

 

 

-自然エネルギー

Copyright© Mi 自然エネルギー開発 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.